読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬の口が臭い!犬の口臭防止の口コミ情報

3歳以上の犬の約80%は歯周病だと言われています。愛犬の口が臭くて悩んでいませんか?歯石がたまっていませんか?歯磨きがきちんと出来ていますか?そのまま放置すると歯がボロボロになってしまいます。歯をきれいにして口臭を防ぎましょう。

歯ブラシを嫌がる愛犬には歯磨き用の手袋がお勧め!

歯磨き用の手袋って嫌がらない?

 


日本で3歳以上の成犬の約8割が、歯周病もしくは歯周病予備軍と言われています。

 

歯周病を放置してしまうと、歯が抜け落ちたり、歯周病菌が血管に侵入して、心臓や腎臓などに疾患を引き起こしたりする場合もあります。

 

こんな恐ろしいことになってしまう前に、毎日の歯磨きを行って愛犬の健康を守りましょう。

 

歯垢は数日で歯石に変わってしまうので、毎日歯磨きするのがベストです。

 

最低でも2~3日に1回は磨いてあげてください。

 

犬にとって歯磨きはとっても嫌がります。無理矢理つづけるとますます苦手になってしまいます。

 

 

f:id:pm0404:20170206133225j:plain

 

では、どうすればいいのでしょうか?

 


最初はマズル(口の部分)を触って、ご褒美をあげます。

 

マズルを触っても平気になったら口をめくってみましょう。

 

出来たら褒美をあげましょう。

 

これを繰り返していくと口を触られることに慣れてきますので、大きく口をめくってみたり、奥歯が見えるまでめくってみましょう。

 

ご褒美を効果的に使って口を触られるといい事があると教えてあげます。

 

口に触ることに慣れたら、歯ブラシに慣れさせましょう。

 

口をめくってペーストなどを付けた歯ブラシを一瞬だけ歯にあてます。その後、ご褒美をあげましょう。

 

少しずつ歯ブラシをあてる時間を延ばしてブラッシングできるよう練習します。

 

歯磨き用の手袋がお勧め!

 

 


でも、ほとんどの犬は歯ブラシを嫌がります。

 

そこで、最初は歯磨き用の手袋がお勧めです。

 

軍手のような手袋の指先がボツボツしたナイロンで出来ています。

 

歯磨き用の手袋を、飼い主さんの手にはめて少しずつ磨いていきます。

 

最初は軽く撫でていくだけでいいと思います。

 

愛犬が痛がったりしないようにやさしく撫でていってください。

 

苦手な犬は全部磨かなくても「今日は犬歯」「明日は横の歯」と少しづつでもOKです。

 

愛犬に苦手意識を持たせないことが大切です。少しずつ進めていってください。

 

歯ブラシを使う前に歯磨きに慣らすためにも歯磨き用の手袋を使ってみてください。

 

大切な愛犬を歯周病から守ってあげましょう!