読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬の口が臭い!犬の口臭防止の口コミ情報

3歳以上の犬の約80%は歯周病だと言われています。愛犬の口が臭くて悩んでいませんか?歯石がたまっていませんか?歯磨きがきちんと出来ていますか?そのまま放置すると歯がボロボロになってしまいます。歯をきれいにして口臭を防ぎましょう。

愛犬の口臭が軽減される水を飲ませたい!!

犬用の水で便が臭わなくなった!

 


●室内で飼ってるから愛犬の臭いが気になる・・・

●やっぱり愛犬にもいい水を飲ませてあげたい・・・

●最近愛犬の体調が良くない・・・


そんな飼い主さんにペット用の水「ピタリゲン」をお勧めします。

 

f:id:pm0404:20170209001244j:plain

 

「ピタリゲン」は、

 

1 排泄物・ペット臭を軽減します。

 

排泄物の悪臭は、腸内の悪玉菌が原因となります。

 

ピタリゲンは酸化反応を抑えて異常発酵や老廃物の産生を軽減し、善玉である乳酸産生菌の存在を常に優位に保つ働きを促しています。

 

 

2 アレルギー障害を軽減します。

 

体内に取り込まれた異物に対して、異常かつ過敏に反応するのがアレルギーです。

 

水道水には、塩素、ダイオキシンなどペットの健康にとってリスクファクターとなる要因が増えつつあります。

 

生体水に近いピタリゲンがその作用を抑える働きをします。

 

 

3 ノミやダニの発生を軽減します。

 

ノミやダニの発生はペットや飼い主にとって不快であるだけでなく、他の重い病気の原因になりうるので油断できません。

 

ペット臭を軽減することで、ノミやダニの発生を抑えられます。

 

 

4 クラスターが小さく有害物質も除去します。

 


ピタリゲンは、ペットの体に無理なく吸収され、もともと持っている生理機能を正常に戻すよう働きかけます。

 


水で愛犬の臭いが軽減されます

 

広告

 

 


普通の水を与える時と同じように、適量を与えます。

 

最低でも2~3か月与え続けると効果を実感出来ます。

 


● お腹が弱かったけど、この水に変えてから調子よくなった

● 便が臭わなくなった

● 毛艶が良くなった


などと高評価です。

 


我が家の愛犬も毛艶が良くなり、口臭が軽減されたような気がします(^_^)


病後で元気がないとき、便が臭うとき、口臭がひどいときなどぜひ飲ませてみてくださいね。

 

広告

 

 

愛犬の歯石取りにスケーラーという器具があります

愛犬の歯石取りの器具ってどうなの?

 

 

 

○ 近づくと口臭が気になる
○ 歯に黄色い歯石が少し付着している
○ ぺろぺろされると口臭がひどい
○ 前歯のすき間に食べかすが詰まっていて臭い


その場合は、歯石を除去しなくてはなりません。

歯石取りの器具スケーラーをお勧めします。

 

f:id:pm0404:20170206101333j:plain

 

 


 

 


最近では犬のフードもおいしく進化し、歯垢・歯石が付きやすくなっています。

 


放置しておくと虫歯や歯周病になってしまいます。毎日の歯磨きは欠かせませんね。

 

でも、毎日歯磨きをしているのにどうしても歯垢は溜まってしまいます。

 


歯石取りの器具はスケーラーというものがあります。

 

広告

 


歯と歯ぐきの健康を保つために、歯ブラシではどうしても落ちない汚れや歯石を除去するのに効果的です。

 


歯石取りの器具、スケーラーは平なタイプと先が尖っているタイプの2種類あります。平のスケーラーは直線の部分で歯の表面、先の尖ったタイプで歯のすき間や歯ぐきと歯の間の細かい部分の歯石を取り除きます。


ただし、歯がグラグラだったり、歯ぐきの炎症がひどく赤く腫れていたり、痛がってフードを食べたがらない、目の下に穴があいて膿が出ている場合はご自分で歯石取りをせずに獣医さんに相談しましょう!!


愛犬がいつまでも自分の歯でおいしく食事できるように日々のオーラルケアに努めましょう。

 


日本で3歳以上の成犬の約8割が、歯周病もしくは歯周病予備軍と言われています。


歯周病を放置してしまうと、歯が抜け落ちたり、歯周病菌が血管に侵入して、心臓や腎臓などに疾患を引き起こしたりする場合もあります。


頬から膿がとび出たり、顎の骨が折れることもあります。


歯周病ってとっても怖い病気なんです。


歯周病にならないためには毎日の歯磨きがとっても大切です。

 


愛犬の口臭に悩んでいる方はたくさんいますが口内環境の原因が一番なんです。

 


家庭での歯みがきに勝るケアはありません。

でも、歯みがきをしてこなかった犬の場合は、急に始めたり無理に行ったりすれば嫌がるだけです。

悪くすれば愛犬との大切な信頼関係にひびが入ることもあります。

まずはブラシなしの練習から始めて、「指で触る→ガーゼでこする→ブラッシング」という3段階で進めます。

大切なのは飼い主自身が焦らず、段階を追って根気よく行いましょう!

 

 

広告

 

 

 

犬の歯石取りにシュッとひと吹きのスプレーがお勧めです!

犬の口歯石取りにスプレーって効果あるの?

 

 

 

歯磨きの新常識!アルコール不使用の犬用次世代歯磨き誕生!

 


 犬用歯磨きもノンアルコールの時代!

 

● 愛犬の口臭が気になる

 

● 愛犬の加齢とともに体臭がきつくなった

 

● アルコールの入ったデンタルケアスプレーは使えない

 

 

そんなわんちゃんには「クリスプ デンタルケア」がお勧めです。

 

毎日、一日2回、口の中にシュッとスプレーするだけで口内環境が整います。

 

最も細菌が増殖していると言われている朝(寝起き)と、寝る前にスプレーします。

 

スプレーされた液はだ液とともに口腔内全体にいきわたります。

 

「クリスプ」に含まれる天然成分が、ペットの口腔内で放つ悪臭を分解します。

 

さらに体内まで成分が行き渡ることで、体臭や糞尿臭が軽減します。

 

天然成分だけにこだわり、安心のアルコール不使用です。

 

腎臓などの持病を持っているわんちゃんには安心して使用できますよ。

 


歯磨き嫌いの犬の歯石取りにスプレーがお勧め!

 

広告

 

 

日本で3歳以上の成犬の約8割が、歯周病もしくは歯周病予備軍と言われています。

 

歯周病を放置してしまうと、歯が抜け落ちたり、歯周病菌が血管に侵入して、心臓や腎臓などに疾患を引き起こしたりする場合もあります。

 

頬から膿がとび出たり、顎の骨が折れることもあります。

 

歯周病ってとっても怖い病気なんです。

 

歯周病にならないためには毎日の歯磨きがとっても大切です。

 


でも、口臭・歯周病・歯石が気になっても、歯磨きが苦手な犬って多いですよね。


そんなわんちゃんには一日2回口の中にシュッとスプレーするだけの「クリスプ デンタルケア」がお勧めです。

 

広告

 

 

 

歯磨き嫌いの愛犬にいちご風味のジェルを使いませんか?

愛犬の歯磨きにいちご風味のジェルってどうなの?

 


日本で3歳以上の成犬の約8割が、歯周病もしくは歯周病予備軍と言われています。

 

歯周病を放置してしまうと、歯が抜け落ちたり、歯周病菌が血管に侵入して、心臓や腎臓などに疾患を引き起こしたりする場合もあります。

 

頬から膿がとび出たり、顎の骨が折れることもあります。

 

歯周病ってとっても怖い病気なんです。

 

犬が歯周病になると、ひどい口臭がしたり、歯茎が腫れて痛がったりします。

 

また、歯がぐらついて抜けることもあります。

 

さらに歯周病が悪化すると、奥歯周辺の骨を溶かして目の下に穴があいてしまったり、下顎の骨を溶かして下顎が折れてしまうこともあります。

 

歯周病からバイ菌が広がり、内臓疾患や心臓病になる可能性もあるのです。

 

歯周病にならないためには毎日の歯磨きがとっても大切です。

 


でも、歯磨きが嫌いなわんちゃんは多いですね。

 

そんなわんちゃんには、いちご風味の歯磨き粉を使ってみませんか?

 

広告

 


左右の奥歯に落とすだけです。

プロポリス・コラーゲン・ビタミンEを配合しています。

健康な歯と歯ぐきの維持に!!

いちごの香りで息すっきり!!

らくらく歯みがきシートにつけて磨くとさらにすっきりです!!

f:id:pm0404:20170206162120j:plain

 

愛犬に使った飼い主さんの声です。

● イチゴ味ジェルを付けたら、そんな歯磨き嫌いっ子も、以前ほど嫌いでは無くなりました。

● 日々続けているおかげで、獣医さんにも歯がきれいと褒められています。


歯垢は数日で歯石に変わってしまうので、毎日歯磨きするのがベストです。

 


最低でも2~3日に1回は磨いてあげてください。

 


犬にとって歯磨きはとっても嫌がります。無理矢理つづけるとますます苦手になってしまいます。


いちご風味のジェルで歯磨きを習慣にしましょう!

広告

 

 

グリニーズは日本の愛犬のための歯垢を落とす歯みがき専用ガム!!

日本の愛犬の為に設計された歯磨き専用ガム!

 

 


1日一本!噛んで歯磨き効果が実感出来ます!

 

歯磨き専用ガム「グリニーズプラス」が今大人気です。

 

f:id:pm0404:20170208204700j:plain

 

 

1 確かな歯磨き効果!

 

しっかり噛める弾力性と形状で高い歯みがき効果を発揮します。

 

噛んでしつこい歯垢を落とします。

 

グリニーズ プラスは、Veterinary Oral Health Council(米国獣医口腔衛生協議会)から、歯垢や歯石の蓄積のコントロールを助ける効果があると承認されています。

 

各体重別カテゴリーで最も噛む力の強い愛犬でも安心して噛める硬さ、噛むことで効率的に歯垢をつきにくくする弾力性により、優れた歯みがき効果を実現しています。

 

 

2 こだわりの自然素材

 

主原料は100%自然素材です。

 

果実類など、こだわりの自然素材を使用しています。

 

また、アレルゲンとなりにくいといわれる高品質な豚由来のゼラチンや、米粉などを使用し、食物アレルギーにも配慮しています。

 

3 優れた栄養バランス

 

愛犬の健康維持をサポートする“総合栄養食”としての基準を満たしています。

 

主食と同等の栄養バランスを満たしているから、栄養を偏らせることなくフードと組み合わせることができます。

 

さらに、溶解性の高いタンパク質を使用することで、ドライドッグフードよりも優れた消化性を実現しています。

 

 


1日一本!噛んで歯磨き効果が実感出来ます!

 

広告

 

 

 
【グリニーズ6つの優れた特長】
 

● しっかり噛める弾力性と形状で、確かな歯みがき効果

● 溶解性の高いたんぱく質使用なので、抜群の消化性

● 総合栄養食として、優れた栄養バランス
 
● 果実類などの、こだわりの自然素材を使用

● 愛犬が喜ぶ抜群のおいしさ

● 安全性を考慮した、ユニークな形状と硬さ


小型犬用・超小型犬用・7歳からのシニア犬の健康維持・エイジングケア・超小型犬用・成犬用・・・

他にお徳用セットもあります。

 


シニア犬でもしっかり噛める最適な硬さと弾力性で、しつこい歯垢もきれいに落とします。

 

我が家の愛犬もこれなら噛めます!!

 

 
関節の健康維持に配慮して、グルコサミン・コンドロイチン配合(乾燥鶏軟骨を配合)。

 

3日で歯石化する歯垢に、1日1本のグリニーズプラスをお勧め!!

 

愛犬のために、配慮されされた歯みがき専用ガムです。

 

広告

 

 

犬の歯槽膿漏に効く薬は炎症を抑える抗生物質です

犬の歯槽膿漏の薬って効果あるの?

 

 

日本で3歳以上の成犬の約8割が、歯槽膿漏もしくは歯槽膿漏予備軍と言われています。

 

歯槽膿漏を放置してしまうと、歯が抜け落ちたり、歯槽膿漏菌が血管に侵入して、心臓や腎臓などに疾患を引き起こしたりする場合もありますし、頬から膿がとび出たり、顎の骨が折れることもあります。


こんな恐ろしいことになってしまう前に、毎日の歯磨きを行って事前に病気のリスクを減らしましょう。


犬が歯槽膿漏になると、ひどい口臭がしたり、歯茎が腫れて痛がったりします。

 

また、歯がぐらついて抜けることもあります。

 

さらに歯槽膿漏が悪化すると、奥歯周辺の骨を溶かして目の下に穴があいてしまったり、下顎の骨を溶かして下顎が折れてしまうこともあります。

 

歯槽膿漏からバイ菌が広がり、内臓疾患や心臓病になる可能性もあるのです。

 

普段から犬の口臭や歯茎の状態などを観察してあげましょう。

 


歯槽膿漏の治療といっても、基本的には歯垢や歯石を除去する治療方法となります。

 

重度の歯槽膿漏の場合は、手術で抜歯が必要な場合もあります。

 


愛犬の歯槽膿漏の薬は効果あるの?

 

 

 


犬が歯槽膿漏になってしまった場合、歯石を柔らかくして取りやすくするような薬や、炎症を抑える抗生物質が投与されることが多いです。


歯肉炎軽減剤というものもあるので、獣医さんとよく相談してから犬に投与するようにしましょう。

f:id:pm0404:20170206170039j:plain


歯槽膿漏は怖い病気なので、やはり日常のケアが一番の予防方法です。

 

•毎日歯磨きをしてあげること

•デンタルケア商品(デンタルガムや、歯石の出来づらいドッグフードなど)を使用すること

•口内の細菌バランスを整えてくれるサプリをあげること


普段から愛犬とコミュニケーションを取り、歯槽膿漏予防をすることで、愛犬も飼い主もHappyな生活を送りましょう!

愛犬の口臭防止に歯磨きガムは効果があるの?

歯磨きガムって口臭防止にいいの?

 


犬の口臭の原因のほとんどは口の中の病気です。


犬の口の中の病気は、歯肉炎や歯垢が溜まったために来るものです。

 

一般的に犬の歯垢は3日で歯石に変わります。

 

歯石は歯肉炎などの歯周病の原因となり、歯周病を放置すると、歯が抜けてしまったり、歯周病菌が血管を通って心臓や腎臓などの内臓疾患を引き起こすこともあります。

 

 

犬の口内環境改善に向けたケアは、健康管理においても極めて重要です。

 

○ 歯垢や歯石が付いている
○ 嫌がって歯磨きをさせない

 

このような状態が続くと、口臭はひどくなります。

 

多くの犬は年齢とともに歯垢や歯石が付きやすくなります。


犬の口の中はもともと細菌が繁殖しやすく、繁殖した細菌は、食べかすや歯垢、タンパク質などを分解して口臭の元となるイオウ酸化物を生み出します。

 

口臭や歯石の原因となる雑菌が繁殖しやすい環境にあるのに加え、最近では加熱加工処理で良性菌が失われてしまったドッグフードやおやつばかりの食生活が進み、
ますます歯垢のつきやすい環境になってしまっています。

 

新鮮で質の良いフードを与え、毎日の歯ブラシやデンタルケアを行いましょう。

 


愛犬に歯磨きガムは与えていいの?

 

 


ガムを与えるのも歯垢を取るのに効果的です。

繊維状のブラッシング効果の高いものを選べば、短時間でも効率よく歯垢を落とせます。


歯磨きガムには、


〇噛むことによって、歯に付着した歯垢を落とす

〇噛むことで唾液の分泌を促進し、口内をきれいに保つ

〇配合成分によって、口臭を抑制する


といった効果があります。

ただし、あくまで歯みがきの補助です。

ガムだけで歯の汚れを完全に落としきれるわけではありません。

 

 

私の愛犬のお気に入りはこちらです。

↓        ↓      ↓

f:id:pm0404:20170206144021j:plain

ガムを歯みがきのごほうびに使用するなど上手に活用し、少しずつ口に触られることに慣れさせて、最終的には歯ブラシによる本格ケアができるようになることをめざしましょう。

 

歯ブラシと歯みがきガムで大切な愛犬の歯を守って、口臭防止をしましょう!